読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使のままに

出産 育児 アトピー 食事 非ステ

自己診断だけどアトピー発症

私のパニックによる行動で、娘の乳児性湿疹が悪化。


オイルを塗ってふやかしてお風呂で優しく擦ると皮膚が綺麗になるとの迷信を実践してしまい…

普通に考えれば、そんなこと絶対したらいけないのに。

自然に逆らって、娘を信じることもできずに、自分のやり方が正しいのかどうなのかも分からなくなり、パニックに陥った結果そんな荒技に出てしまったのでした。


広範囲ジュクジュク。

アトピーを疑うも、経過観察し続けて、今日、四肢に白いカサカサを発見。

アトピーだと確信。

医者もアトピーと乳児性湿疹の見分けがつかないというから、月数経たないと断定はできないけれど。


その原因は、胎便を出さないまま、粉ミルクを与えてしまったことだと、よんでます。

長女との違いは、それだけだったから。

長女は黒い便を一時間に一度くらいのペースで出し続けていたけど、次女は出す前に入れてしまったせいで黒い便が殆ど出なかった。

それが良くないことだと知っていたのに、私は、医師がミルクを与えたことに対してキツく怒ることもしなかったし、されるがままにしてしまったのだ。

それは私の責任以外の何でもない。


どうして、もっと自分を信じてあげられなかったんだろう

後悔しかない。


気にすれば気にするほど、清潔を保とうという気になって拭いてしまったり。洗ったり。

それは、すべて余計なこと。やってはいけないこと。解っているのに負の連鎖に陥る。


自分のやり方を信じることができなくなってしまって、余計なことをすればするほど悪くなる。

藁にもすがる思いになる。


自然と娘と自分を信じる、ただそれだけのことがとっても難しいってことを初めて実感したのでした。


私はこれまで、そのように信じてあげられない人たちに対して、批判的な言葉を使ってしまっていたなと。心から反省しました。


普通の考えができないくらい心配になって考え込んで、どうにかしたい、そう思う気持ちが悪いなんてこと、絶対無いもん。

ごめんねごめんねって、次女に謝ってたら、そうやって言ってくれたんだ。


ハゲるくらい夢に出るくらい考え込んでしまって、そんな中でも、我が子の治癒力を信用してあげられる人が強すぎるし、勇者なんだと思った。


やっと気付いたから、勇者になるよ私は。

気付いても、また折れそうになって、安心したくて、一時的に抑えられる薬などにすがりたくなる気持ちは、また出てくると思う。


信じ続ける、ただそれだけ。

ピンチの時こそシンプルに考えることが大切なのは、人生を通して学んだこと!


自らおかしてしまった、責任の重さに潰されそうになるけど。

絶対に信じ続ける。

同じ失敗は繰り返さない。

私は、この子たちのために産まれてきたので、全身全霊をかけて完治させます100パーセント。


アトピーやアレルギーに薬は必要ないってこと、実証するよ。

そうやって頑張ってる人たちたくさんいるし。本当に素晴らしいと思う。

いろんな気持ちを乗り越えて、子どもを信じ続けるお母さんたちは、母の鏡です。


まだ始まったばかり。

母としての試練を乗り越えるべき時がやってきました。

お母さん業を軽視しないで

添加物や砂糖が良くないことを伝えると、こう言われる時がある。

「普段なに食べてるの?」
「そんなこと言ったら食べるものなくなる」
「食事の支度が大変になる」
「食費がかさむ」
「仕事してるから無理」
「砂糖をたべれないなんて子どもがかわいそう」


おかずの素を使って、もともと味がするものを加えて、ご飯を作る。
そんな仕事の仕方は寂しい。

毎日のことだから、手を抜いてもいいと思うけれど、それは、市販のものを買って食べさせることばかりじゃなく、
卵かけ御飯に蒸し野菜とか、出汁茶漬けに糠漬けとか、そういう手抜きだったら、生活と心がより豊かになれる気がする♫

大袈裟に聞こえるかもしれないけど、
ごはんつくりを通して、子どもへ、人道が伝わるんだと思うんだ、

本当は、ごはんつくりに、ごまかしや嘘は通用しなくて。
それが通用しちゃうのが、おかずの素や化学調味料の世界だから、そればかり食べてたら人間がおかしくなるのは当たり前だよね。。

食費(調味料費)は、かさむけれど。
生活のどこに重点を置くか、だから考え方次第なんだけれど。

身体の基盤(木でいう根っこや幹)となる食事を疎かにしてると、他のところ(枝葉)まで脆くなるし、
精神や肉体が弱い人間になるのはもちろんのこと、正しい考え方が出来ないもんだから、人に迷惑をかけるようになる。
そして、綺麗な花を咲かせることもできずに枯れることもできずに腐ってゆく。

ウチは、旅行や遊びに行けなくても、洋服やおもちゃが買えなくても、食事だけはしっかりするって考え。

お母さん業は家族の基盤を作る仕事だから、
お母さん業を疎かにして、いくらほかのことを頑張っても、しわ寄せは必ずどこかにやってきちゃうんだよね。
家族内のことはもちろんのこと、大きく言えば、お母さん業によって、世界を美しくもできるし破滅させることもできると確信してる!

雑な仕事をするお母さんの元で、元気のない(基盤となる部分を疎かにされてる)お父さんも、外で雑な仕事をするようになる。
雑なお母さんと比例して、雑な仕事をするお父さんだらけになってしまった現代、日本(世界)の環境は間違った方向に進み続ける一方だもの。
ちゃんとした仕事をせずに、ラクすることばかり考えてる人が、世の中の中心にいるせいで(政治家を見るとわかりやすい)神様に顔向けできないような世の中になっちゃってるけど、そうなるのはとても自然なことで。

だから、お母さんは一番重要な存在だと思うんだ。
お外の仕事は苦手なんですけど(笑)、仕事を全うしたいと初めておもえたのが、このお母さん業。
なぜなら、私にしかできない仕事だから!

人の目を気にして、自分の子どもの育児や教育を疎かにすることは、まったく感心できることではないんだよね。
ワクチン 薬の乱用 医者漬け薬漬け農薬漬け添加物漬け砂糖漬け
の生活を当たり前だと感じてしまったら、お母さんの仕事は無くなっちゃうんだもん。

基盤がなってない人たちが大多数を占めてて、その人たちが決めたルールが蔓延してるんだから、みんなと同じを求めてたら、人間らしさを失っちゃうのは当たり前。

薬漬け化合物漬けの人間はボロボロの幹と根っこで踏ん張りながら、ボロボロの枝に着色料や甘味料で色付けされたごまかしの花を咲かせて、人生を謳歌してる(フリをしてる)

そんなボロい人たちを、遠くから眺めながら、私はなんのために生まれたのか、なんのために生きてるのかなんのためにお母さんになったのか、常に考えてる。

私は、この子たちを産むために生まれてきて、この子たちを幸せにするために、この子たちが幸せの選択をできるようになるために、生きてる。
そして、世の中を自然な形にするために、お母さんになった。

幸せとは、決して、人と比べ合うことではなくて。
人と同じことをすることではなくて。
お金を稼ぐことではなくて。
ラクをすることでもなくて。

そんな私も、自分が思う完全体に向けて生きる道を模索してる途中の26歳。生きること(しあわせ)にハングリーであり続けたいし、きっと、完全体になることなく死んでいくんだと思う。

疲れた気持ちを整理するために文字にした かなり独り言

いろいろと奮闘で、こちらの存在が無くなってた。

スマホ見る時間すらない。寝る間を惜しんでスマホイジイジ…スマホ教death


何に奮闘してるかというと。

近頃の私、やけに疎外感と孤独感を感じすぎてて。

子どもたちが寝た後、ひとりになった瞬間 、今日もしあわせだったな〜疲れたな〜けど、今日も気持ちはひとりだったなあって、しんみりしたり。


子ども以外と接する機会がないから、社会からの疎外感がどうしても生まれちゃう。

気軽な友達が近くに居てくれたら、こんなに難しく考えることもなくなるのに って思うと地元が恋しくなって涙。


普段は、自分の時間が無いのが嫌だとか、子どもと離れる時間が欲しいとか、そういうことはまったく思わない。きっと誰しも、母親だったら、自分の子どもと離れたいなんて思うはずが無い。

けど、今は核家族化で、自分の親に会うことも少ないだろうし、気軽な友達に会うタイミングも無い、社会と接する機会も無い。そういう環境に長期間置かれるのはなかなかハード。だから、ひとりになりたくなることもあっちゃうんだな。


そんな中で生まれる後ろ向きな気持ちを乗り越えるコツみたいなのを少しずつ編み出して、愉しく過ごせるように奮闘する日々。


こんな日々も、しあわせの形だね。

というか、こんな日々こそが、しあわせを形どってるんだと、今、思った。

そう思えば、また少し前向きになる。


もっと手を抜いてラクしなきゃ〜

ひとりなんだし。

頑張れない日があったって、いいよ

笑えない日があったって、いいよ


そうなる前に、

すぐ無理して頑張りたくなっちゃって自爆する自分を変えていかないとなあ〜

初めての麹

今年こそ味噌作りをしたい

と言い続けて早三年。

樽すら買ってないからな〜

去年買った麹を使っちゃわなきゃならないので、塩麹 醤油麹 甘酒(どぶろくの元)を仕込み中。


塩麹と醤油麹を仕込んで今日で4日。日を重ねるごとに深みが増して美味しくなっていく♫美味しさを育てるのはすごく楽しいです


甘酒の作り方はいろいろとあるみたいだけど、甘酒もどぶろくも両方楽しみたいから、おこした麹に後から水を入れる方法で作ってます

レシピもいろいろとあったけど、結局、独自のレシピになっちゃった

ちゃんとできるのかな〜美味しくできたらレシピ書き込みます。


今は麹と蒸した米を合わせて保温して、おこしてる途中。

我が家には炊飯器も保温ジャーもないけど、ストウブがあるので、米と麹をジップロックに入れて、50度〜60度くらいのお湯に浸してバスタオルで包んでファンヒーターの前に置いてる。

どーなってるのかな〜開けたい&味見したい気持ちを抑えて眠りにつきます。


まるも甘酒だいすきだから

明日の朝、ふたりで飲むの楽しみだな〜♫まるの喜ぶ顔が思い浮かぶ♫


浮き輪をつけた象

冬、特に産後は乾燥が気になるわ〜
妊娠中の保湿を怠ってしまってたので久しぶりにマッサージでもするかとオイルを塗った瞬間

なにこれ、、私の肌じゃない、、
象????

久しぶりに触った私の肌は、象になっていました。(象触ったことないけど)

見たことない浮き輪肉がついてるし。初めましての肉。
冷たくなって、今すぐにでも定着したがっている浮き輪肉。こわいわ〜

妊娠出産を重ね約3年、私の肉体は私の知っているソレでは無くなってたよ。トホホ


カーヴィーダンス(可愛いお姉さんから借りパクしちゃってるdvd)とヨガで体力作りに励んでるけど、
いや〜産後は体型の変化が著しい!から、やり甲斐がある

可動域が広がるのが本当に早くて、
今までの歪みを直すには産後が最適だということを実感してるので、ベビーブームの今、産後のお母さんは頑張る甲斐ありますよ♡

骨盤矯正も行かなきゃな〜
妊娠中虫歯になっちゃったし歯医者もいかなきゃならぬし、今年はメンテナンスの一年です。


あ、呼杜さん起きた。
赤ちゃんが泣いただけで、おっぱいが張って母乳がでてくることが本当に不思議だ。

赤ちゃんが寝ない理由

世界のお父さんお母さん、きょうもお疲れ様です!


さて。

たいていのお母さんたちが赤ちゃんを産んで初めに悩まされること…

自分が眠い時に赤ちゃんが寝てくれない!


おっぱい 抱っこ 寝る 置く 起きる

これを何時間も繰り返したりすることもあるかと思います。


我が家では、この動作を2回続けても尚眠らなかったら、とりあえず泣かせて、疲れさせます。

すると、勝手に寝るか、次に抱っこをする時は、即ストン(_ _).。o○


昼間は怪獣がワーギャー騒いでくれてるので、赤ちゃんはほとんど眠れず

おかげで夜中はちゃんと眠ってくれてる(今のところ)


赤ちゃんってひとりひとり違うけれど、からだのつくりは同じなんですキット。

寝ない子には寝ない理由があって、その理由は大体、パターン化できちゃうんです!


◯かたい布団などでからだが丸まっておらず、心地悪くて眠れない


◯お母さんの食生活が悪く、おっぱいがまずいので満足できず眠れない


◯昼間に眠りすぎて夜眠れない


◯運動が足らない(うつぶせにしたり体操をしたり、泣かせることも必要だと私は考えております)


◯ベッドなどで一人で寝かせられてるのが寂しい、お母さんと寝たい


◯ただ起きていたい


といったところでしょう。


赤ちゃんの不快探しを、コミュニケーションのひとつとして楽しめたら超最高。

心地よい状態をつくりだしてあげられたら、赤ちゃんもお母さんもハッピー!


当たり前のことだけれど、赤ちゃんの人権を尊重し、一人の人間として接することも、とても大切なことです。

赤ちゃんだから何も分からない、

と思ってる人がたくさんいるけれど、それは大きな間違い!

なんでも大人が優れていると思うのは、ひどい勘違いで、超おこがましいです。


赤ちゃんは、精神面では大人より優れた能力を持って産まれ出てきます。(この能力は教育という名の洗脳や、親の価値観の押し付けで、衰退していく)

精神面が研ぎ澄まされているぶん、変化や異常にとても敏感なのです。


言葉で感情を表すことこそできませんが、お母さんならば、新生児でもわずかな表情の変化に気付くことができるはず♫ジーッと観察してみてください。会話できるようになりますよ。


お母さんも大変ですけど、赤ちゃんはもっと大変で。

10ヶ月もの間、水の中で過ごしていたのに、いきなり、汚い空気で充満する地上に放り出されて、かったい布団に寝かされて ガッサガサのオムツを着けられて 過剰に厚着をさせられて くっさい消毒液であちゃこちゃ除菌されて…


ちょっと泣いちゃうくらい許してあげたいものです。

広い心がなくても、余裕がなくても、許しあう心は忘れたくない♡

っていうのは、私の解釈ですけど、こんなふうにして気持ちをラクにすると、たいていのことは気楽に乗り越えられちゃうから不思議。


せっかく、お母さんになれたんですもの、

育児を通して、楽(たのしくラク)に生きる方法を身につけていきましょうネ♫

私も、顔晴ります♫

生き様と心を伝えるご飯作りをしたい

約2年間、ろくすっぽ酒も飲めず
暴年会も新年会も、ほぼしてない

無類の酒好きとしては かーなーり さみしいですけれど
酒浸りの人生を脱却できたことは嬉しく思う

妊娠前は、酒のせいで毎日貧血目眩立ちくらみ
それが通常の状態だったから
それに気付いたのは妊娠後、飲酒を控えて(辞めてはいないw)からでした

この2年間、哀しくも、バカな飲み方をする機会が無くなり
お酒の飲み方を知り 味を愉しめるまでに大人になってしまった
酒の味をあーだこーだ言ったり、甲類の焼酎すら飲めなくなり、くっそつまらない大人ダナ

(笑)

昔の飲み友達が今の私を見たら何て言うかな〜できれば会いたくない。

たまには泥酔して寝込みたい気もするけど〜
子どものこと考えたら絶対無理 できません
わたし…母親だなあ…って感じる瞬間ベストスリー

粉ミルクさえ使えたら…(笑)
私欲で無駄なセシウム摂取をさせることはできません!

まるちゃんもここまで、私なりに(かなり怪しいが)、大切に育ててきたと思う
最近はかなり適当だけどな
完全母乳 離乳食ももちろんすべて手作り
白砂糖 添加物 市販品 洋食 肉食 を避け、野菜中心 和食中心 カロリー過多にならないよう、無理なく、質素な食生活を心がけてきました

私のやり方は、無理なく、ですから〜
外食もするし(ファミレスなどチェーン店はほぼ行かない) パフェだって食べるし くだもの食べ過ぎちゃうし 朝ごはん抜いちゃう時たくさんあるし
こう見ると、かなり自堕落。

それでもまるちゃんは、ちゃんと、身体に良いものを分かってる
100g1200円のすき焼き肉には一切手をつけず、筑前煮と味噌汁を頬張っていたよ
 母感動。

おじゃました先の、田作りや黒豆もぜんぶ食べちゃって。

その姿を見て、お節作らなかったことを、めちゃくちゃ後悔した
必ず果たすべき母としての責務を果たせなかったこと、めちゃくちゃ反省した
大げさのように聞こえるけど、これはまったく大げさではない。

日本の食文化を伝えることは、超必要な教育!心に関することだもの。

そんなことにようやく気付いた私。
お節ではないけれど、作ろう。作らせていただこう。

毎日怒ってばかりだから、たまには、まるちゃんが好きなような、ちゃんとしたご飯作って恩返ししよう〜