読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるく自然な子育て法

妊娠 出産 育児を通して発見したこと 感じたこと 日常を思いのままに綴るページ

40w0d子宮口3cm お医者様の都合一点による誘発剤使用なんてあっていいの?

予定日である2016/12/10、検診に行くと、病院側の都合で5日後に誘発剤を投与して出産させるということになってしまいました。


初診時から、母体や胎児、羊水などに問題がなければ、誘発剤の使用をしたくないことを相談していたのですが
タイミングが合わず、お医者様(あえて様をつけます)の都合という一点で、誘発剤の使用が決定されてしまったわけです。

兼ねてから相談して了承してくださったので、そちらにお願いをすることになったのですが、突然の宣告に様々な感情でいっぱいになりました。

その場で転院を告げたかったけれど、40週の妊婦を受け入れてくれる病院なんて、このご時世あるわけないです。悲しくも、産科は訴訟が一番多いですし、リスクを嫌うお医者様方の気持ちも分かります。

とはいえ、病院にかかる以上、お医者様と患者の関係である以上、こちらが弱者であるということを身を以て痛感し、やるせない気持ちになりました。
産科医であれど、出産はビジネスであるということをひしひしと感じ、哀しくもなりました。

現状では、予定日を5日超過した時点での誘発剤の使用はわりとスタンダードなようです。
私の場合、予定日のこの日にレボスパという子宮口をやわらかくする薬を動脈注射で投与しましたが、産院によっては、予定日以前に投与するところもあるようで。うーん…
赤ちゃんの状態によって使用されるのであれば、それは医学の利点だと思うけれど
お医者様の都合、この一点で使用(乱用)されている場合が多いように感じるんです。

誘発剤も、そう。
医学の利点を自身の都合で悪用・乱用し、患者を危険に晒すのは医者としてあるまじき行為だと思うんです。

何より恐ろしいのは、そんなことが当たり前のように許されてるということ。
疑問に思う人が、不自然であると感じられる人が、少ないということ。
そういった価値観をつくっている親、社会。

私の場合、子宮口が3cmも開いている上なんのリスクもない状態なのだから、誘発剤は使わないということを決意しました。
受け入れてくれる病院がなくても、自力で産もう、といろいろ調べてから
アマゾンのお急ぎ便で本を購入し(笑)
朝方ようやく眠りにつくことができたのでした〜