読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるく自然な子育て法

妊娠 出産 育児を通して発見したこと 感じたこと 日常を思いのままに綴るページ

子どもの選択肢を奪わないことは親として唯一できること

2016/12/11 40w1d

最寄りの助産院に電話したところ、話を聞いてくれることになり、

そんなに強い意志があるなら、と条件付きで自宅出産を受け入れていただけることになりました。


助産師さんが無理でも、誘発剤を使うくらいなら何としてでも一人で自然に産むという頑なな私に、そんな人は二人目ですと苦笑いされました(笑)


普通の人なら誘発剤で仕方ないかって受け入れちゃうのよ、あなたは変人なの、なんて言われちゃって。確かに。私は頑固者の変人です。

けれど、私、我が子との繋がりには絶対の自信があるんです。私たち、信頼し合っているんです。


まる(第一子)の時もそうだったから♫

心も身体も、完全に通い合ってた。今もね。

まるが私に優しさと強さを与えてくれたからね、もし1人目だったら急にこんな選択はできなかったかも。


急なお願いにも関わらず受け入れてくれた助産師さんは、神様に見えました。

こういう人のもとで赤ちゃんを産めるなら、本当に安心だなって。

それに、自宅出産って、病院で産むより何倍も楽しそう。どうして、最初からそうしなかったんだろ?


何はともあれ、15日までに産まれたら、それはそれでいいんだけどね。

我が子の選択肢を奪わずに済んだことが嬉しくて、ホッと一安心。。母としてできることは、こんなことしかないから。

好きな時に産まれておいで、と伝えたのでした。