読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるく自然な子育て法

妊娠 出産 育児を通して発見したこと 感じたこと 日常を思いのままに綴るページ

母乳、本格始動。と、乳腺炎の対処法は搾乳じゃないよってお話。

産後2日経過。3日目でようやくおっぱいが張り始める。


もう、パンパン。私の身体は、お母さんとして本当に恵まれてるなぁ〜


やっと、大飲みのあなたのお腹を満たすことができますよ〜♫

と思っていたら、、


飲まない。。(*_*)


拒絶している。。(*_*)


これは…

哺乳瓶の副作用…


ミルクばかりに慣れさせないよう、ミルクをあげる前に授乳していたけれど、

哺乳瓶を使えちゃうちびまるちゃんにとっては、おっぱいを吸うのが億劫になってしまったのね。


おっぱいは哺乳瓶より、吸う力が必要なんです。口周りの筋肉をたくさん使うんです。


それから、ミルクの満腹感を知ってしまってるので、おっぱいだけでは物足らなくなってる様子。

必要な量は飲んでいるんだけど、ミルク飲むとどうしても、ね。。


哺乳瓶でミルクを与えてもらえず、思い通りにならないことにお怒りのちびまるちゃん。

声が出なくなるくらいに大泣きしている。

カスカスの声でもなお、大泣きしている。


どうする私?私の中にいる2人の行動を考えた。


泣く赤ちゃんをかわいそうと思う私

とりあえずミルクをあげる

おとなしくなり寝る

ふぅー助かったぁ、泣いてるのかわいそうだし

起きる 母乳拒絶 ミルク懇願 泣く…



赤ちゃんは泣いて当たり前だと思う私

お腹が空けば飲むしかないんだからと割り切る

大泣きし続ける

泣いてお腹を空かせなさいと諭す

ひたすら泣く

疲れる

飲まざるをえない状況を作る 落ち着かせる

ちびまるちゃん諦める、おっぱい飲む…



どっちがちびまるちゃんのため?

と考えた結果、たたかうことに決めたのでした(笑)


格闘すること数時間…


しこりができて、熱を持ち始め、乳腺炎になる寸前!

ちびまるちゃん、お願い。ママ病気になっちゃうよ。って懇願し続けたら、


ようやく諦めた。。



終わりが見えないたたかいだったけれど、終わりが無い戦は無いのだと、この時間を通じて悟ったのでした(笑)



ちなみに、乳腺炎になる前に搾乳すれば?と思った人もいるかもしれないけど、赤ちゃんが飲む量と出る量のバランスがまだ取れていない時に搾乳すると、

身体が、”赤ちゃんはこのくらい飲めるんだ”と勘違いして たくさん出し過ぎたりして炎症を助長させることになってしまいます。

(医学的根拠は不明だけどw)


まるちゃんの時は乳腺炎になってしまって、正しい知識がないまま過ごしてたら悪化させてしまい、40度の発熱に苦しんだという経験をしているので、その中で学んだことですからほぼほぼ正しいかと思います!


搾乳しまくって勝手なマッサージしまくって、乳腺炎の対処法として悪いことをやりつくしたので(笑)


だから、限界がくるまで、なるべくっっ搾乳はしたくなかったの。

ちびまるちゃんを信じました。


無茶したがり屋さん、かつ、失敗を経験したがり屋さんの私は、二人目だからその加減が分かるけど、初めての人は真似しないでください(笑)


けれど、搾乳って乳腺炎にとっては本当に意味ないです。

搾乳機だとすべての穴から搾乳できるわけではないので、詰まりを助長してしまうし、とにかく赤ちゃんに吸ってもらう(普段しない姿勢、フットボール抱きや縦抱っこなど。これが一番肝心)か、ご主人にお願いするか、そのどちらも無理だったら手で絞るのが一番です。


それ以上に悪化したら助産師さんのマッサージを受けるのが最善でしょう!





話は戻り。


長いようで短かった 短いようで長かった、たたかいの時間を乗り越えてしまってからは、ちゃんと飲めるようになりました♫



育児は、甘い自分とのたたかいの連続だなあと痛感する。

子どもを思えば、律することが必要な場面でも、親はなんやかんやと言い訳をつけて自分がラクすることを選択しがち。


砂糖まみれのお菓子を毎日のように与えたり、

長時間テレビやスマホを見させたり、

ゲームをさせたり、


それは、本当に、子どものためですか?

かわいそう・みんな食べてるから・みんなやってるから・ぐずるから


この理由を子どものためと認識する脳みそは正常に動いてないので、人生そのものを改めるべきね。


小姑のつぶやき。



私は、子育てを通して、自分の人生を正し、最善の道を選択する方法を常に学んでいます。

人として親として成長し、人生における本当に価値のあることがなんなのか、を見いだすことができています。


それを子どもに背中で教えられる親になるべく、さまざまな修行を与えられているのかなぁと感じます。


子どもは、神様からの授かりものです♡

神様を次に受け渡す時がくるのです。それは、我が子が、親になる時。

あるべき姿で生きることは、子から子へ。




授乳という一つの育児を通してもそう、


まるちゃんは、哺乳瓶がまったく使えなかったから、誰にも預けることもできなかったし一人で外出もできなかった。


もし、まるちゃんが哺乳瓶を使えてたら…

第一子目だし、ハメ外して遊びにでちゃうことも多々あったかも…

けれど、そうできなかったことが、結果的に私を強くしたし、母としての覚悟を与えてくれた!

まるちゃんとの絆も深まって、より、たくさんのことを感じることができた。


ちびまるちゃんは、哺乳瓶を使えてミルクも飲めるけど、ミルクばっかりに頼ったらダメだよってこと、教えてくれた♫


こんなふうにして、また一歩、我が子から成長させてもらいましたとさ。