読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるく自然な子育て法

妊娠 出産 育児を通して発見したこと 感じたこと 日常を思いのままに綴るページ

疲れた私へ、疲れたあなたへ、お疲れ様です♡

産後の身体を酷使しても、育児に疲れても、ホルモンの調子が優れなくても、誰も助けてはくれません!

産後は、身体がドッと疲れます。思い通りに動けない身体にイライラ…
心は繊細になって、幸せをたくさん感じられるぶん、哀しみにも敏感です。

子どもたちの寝顔を見るだけで幸せが溢れて涙が出たり…
ちょっとした心ない言葉を受けただけで涙が出たり…
幸せなことはたくさんあってもいいけど、哀しみは感じたくないもの。

私の場合、身内は皆忙しく、家事や子どもたのお風呂を助けてもらうことはできません。
けれど、まるを抱えながら階段を上り下りするのは困難なので、お風呂を我慢しなきゃいけない時もたくさんあって、それはそれは大きなストレスとなります。。

私は体力がある方なのでなんとか頑張れてますが!

そんな時でも、唯一の救いの存在は、子どもたち。。♡
私が疲れて泣いてると、涙を拭いてくれるまるちゃん。そして、ニコニコしながら、ママ笑ってと言わんばかり♩
そんなことされたら笑っちゃうよ〜
まるちゃんがいるから、哀しいことも楽しいこともぜーんぶ最高じゃんって思える。
毎日怒ってばかりだし、寝てばかりで遊んでもあげられないのに、優しくしてくれてありがとう。


旦那さんに優しくされたら奥さんはもっと幸せ♩

イライラして、可愛げのない無愛想な声で対応されるかもしれません。
目が合えば、不満を言われるかもしれません。
けれどそれは、奥さんの本心ではないんですよ。だし、本来の姿でもないの。
ホルモンがそうさせているだけで、気持ちはずっと女性のまま。

ただ、隣にいてほしいだけ。
ただ、話を聞いほしいだけ。
ただ、認めてほしいだけ。

そんなふうに奥さんが疲れていたら、
お疲れ様、頑張ってるね、
って言ってあげてください。

お父さんは職場で、認められる機会はたくさんあります。
仕事を頑張れば、誰かが認めてくれます。形に残すこともできます。
誰かに感謝される機会もたくさんあります。

お母さんには、それが無い。
言葉で認められる機会が本当に少ないから。
お母さんは、家事をするのも育児をするのも当たり前だから、そのことを誰も褒めてはくれない。努力が、今すぐ形になることもない。
お母さんの仕事は偉大なのに、地道なのです。。

だから、たまに、誰かに認められたら、それだけでまた頑張れるんです。
認められたいから頑張るんじゃないけれど、お母さんだって人間です。お母さんだって女です。
感謝されたら嬉しいよ。認められたら嬉しいよ。
嬉しいことをし合える関係でいられたら、最高じゃないですか!せっかく、同じ時間を生きてるんだから。


妊娠中や産後に限らず、生理前など、ホルモンがアンバランスになっている時に、きつい言葉を投げかけたりするのは言語道断。

ホルモンのバランスが不安定になることがない男性には想像もできないでしょうけれど、自分の感情が自分の意図せぬところで左右されることがどれだけしんどいか。
そんなストレスを抱えながら日常を普通に過ごすことがどれだけしんどいか。
それはそれは、もう、拷問ですよ。(笑)

普通を装うwことすら難しいんだから。
ちょっとしたことにでも、敏感に反応してしまうわけです。

そんな時にきつく当たるということは、殺しと同じです!半殺しですね!
あなたのパートナーは、こころの半殺し犯になっていませんか?
思い当たる節があったら、このブログをコピペして即LINE!!(笑)

女性は、生きてるだけでしんどいんです。
1ヶ月のうち、身体の調子が良いのは、たったの1週間。
こうして女性は、子どもを産む力や育む力、忍耐力などの精神力を日々高めているわけです。

男性も女性も、女性からしか生まれません。
応援するつもりで、やさしくしてあげませんか?
感謝の意をやさしさにかえて、接してあげませんか?

男と女は平等ではありません!
それぞれ優劣があります。
男と女に限らず、人と人の関係もそう、

あなたにできること、わたしにできること、それぞれを活かして助け合っていけたら最高ですね♩

想い、認め合い、助け合う。
それが共存です♡
ひとりが楽しいのは一瞬。共に存在しよう♡