読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使のままに

出産 育児 アトピー 食事 非ステ

赤ちゃんが寝ない理由

世界のお父さんお母さん、きょうもお疲れ様です!


さて。

たいていのお母さんたちが赤ちゃんを産んで初めに悩まされること…

自分が眠い時に赤ちゃんが寝てくれない!


おっぱい 抱っこ 寝る 置く 起きる

これを何時間も繰り返したりすることもあるかと思います。


我が家では、この動作を2回続けても尚眠らなかったら、とりあえず泣かせて、疲れさせます。

すると、勝手に寝るか、次に抱っこをする時は、即ストン(_ _).。o○


昼間は怪獣がワーギャー騒いでくれてるので、赤ちゃんはほとんど眠れず

おかげで夜中はちゃんと眠ってくれてる(今のところ)


赤ちゃんってひとりひとり違うけれど、からだのつくりは同じなんですキット。

寝ない子には寝ない理由があって、その理由は大体、パターン化できちゃうんです!


◯かたい布団などでからだが丸まっておらず、心地悪くて眠れない


◯お母さんの食生活が悪く、おっぱいがまずいので満足できず眠れない


◯昼間に眠りすぎて夜眠れない


◯運動が足らない(うつぶせにしたり体操をしたり、泣かせることも必要だと私は考えております)


◯ベッドなどで一人で寝かせられてるのが寂しい、お母さんと寝たい


◯ただ起きていたい


といったところでしょう。


赤ちゃんの不快探しを、コミュニケーションのひとつとして楽しめたら超最高。

心地よい状態をつくりだしてあげられたら、赤ちゃんもお母さんもハッピー!


当たり前のことだけれど、赤ちゃんの人権を尊重し、一人の人間として接することも、とても大切なことです。

赤ちゃんだから何も分からない、

と思ってる人がたくさんいるけれど、それは大きな間違い!

なんでも大人が優れていると思うのは、ひどい勘違いで、超おこがましいです。


赤ちゃんは、精神面では大人より優れた能力を持って産まれ出てきます。(この能力は教育という名の洗脳や、親の価値観の押し付けで、衰退していく)

精神面が研ぎ澄まされているぶん、変化や異常にとても敏感なのです。


言葉で感情を表すことこそできませんが、お母さんならば、新生児でもわずかな表情の変化に気付くことができるはず♫ジーッと観察してみてください。会話できるようになりますよ。


お母さんも大変ですけど、赤ちゃんはもっと大変で。

10ヶ月もの間、水の中で過ごしていたのに、いきなり、汚い空気で充満する地上に放り出されて、かったい布団に寝かされて ガッサガサのオムツを着けられて 過剰に厚着をさせられて くっさい消毒液であちゃこちゃ除菌されて…


ちょっと泣いちゃうくらい許してあげたいものです。

広い心がなくても、余裕がなくても、許しあう心は忘れたくない♡

っていうのは、私の解釈ですけど、こんなふうにして気持ちをラクにすると、たいていのことは気楽に乗り越えられちゃうから不思議。


せっかく、お母さんになれたんですもの、

育児を通して、楽(たのしくラク)に生きる方法を身につけていきましょうネ♫

私も、顔晴ります♫