読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるく自然な子育て法

妊娠 出産 育児を通して発見したこと 感じたこと 日常を思いのままに綴るページ

仕事を全うすることについて

添加物や砂糖が良くないことを伝えると、こう言われる時がある。

「普段なに食べてるの?」
「そんなこと言ったら食べるものなくなる」
「食事の支度が大変になる」
「食費がかさむ」
「仕事してるから無理」
「砂糖をたべれないなんて子どもがかわいそう」


お母さんの仕事は、おかずの素を使って、もともと味がするものを加えて、ご飯を作ることじゃない。
そんな仕事、雑すぎる。
毎日のことだから、手を抜いてもいいと思うけれどそれは、市販のものを買って食べさせることじゃない。
卵かけ御飯に蒸し野菜とか、出汁茶漬けに糠漬けとか、そういうものであってほしいと勝手に、思う。

ごはんつくりを通して、子どもへ、人道を伝えているのだと思う。
ごはんつくりに、ごまかしや嘘は通用しない。そんなものが通用するのは、おかずの素や化学調味料の世界だけ。

だから、食費(調味料費)は、かさむ。
けれど、身体の基盤(木でいう根っこや幹)となる食事を疎かにしてると、他のところ(枝葉)まで脆くなる。精神や肉体が弱い人間になるのはもちろんのこと、正しい考え方が出来ないもんだから、人に迷惑をかけるようになる。
綺麗な花を咲かせることもできずに枯れることもできずに腐ってゆく。

例え、旅行や遊びに行けなくても、洋服やおもちゃが買えなくても、食事だけはしっかり摂りたい。それがわたしの考え。

つまり、お母さん業は家族の基盤を作る仕事。
お母さん業を疎かにして、いくらほかのことを頑張っても、しわ寄せは必ずどこかにやってくる。家族内のことはもちろんのこと、大きく言えば、堕落したお母さん業が世界を破滅させてる。

雑な仕事をするお母さんの元で、元気のない(基盤となる部分を疎かにされてる)お父さんも、外で雑な仕事をするようになる。
雑なお母さんと比例して、雑な仕事をするお父さんだらけになってしまった現代、日本(世界)の環境は間違った方向に進み続ける一方。
ちゃんとした仕事をせずに、ラクすることばかり考えてる人だらけなんだもん。政治家を見るとわかりやすいね。そうなるのは自然なこと。

だから、お母さんは一番重要な存在ってこと。私にしかできない仕事をしっかりやり遂げたい。その仕事を選んだのは自分なんだから。

服やおもちゃが買えないなら作ればいいし、どうとでも生きてけるよ。
そのために、食費を抑えるなんて、ホントに馬鹿な話で。カスい。

人の目を気にして、自分の子どもの育児や教育を疎かにすることは、まったく感心できない。ワクチン 薬の乱用 医者漬け薬漬け農薬漬け添加物漬け砂糖漬けの生活を当たり前だと感じてしまったら、お母さんの仕事は無くなっちゃうよ。

基盤がなってないカスカスの人間が大多数を占めて、そのカスカス人間が決めたルールが蔓延してるんだから、みんなと同じを求めてたら、人間らしさを失うよ。

薬漬け化合物漬けの人間はボロボロの幹と根っこで踏ん張りながら、ボロボロの枝に着色料や甘味料で色付けされたごまかしの花を咲かせて、人生を謳歌してる(フリをしてる)

そんなボロい人間を、遠くから眺めながら、私はなんのために生まれたのか、なんのために生きてるのかなんのためにお母さんになったのか、常に考えてる。

私は、この子たちを産むために生まれてきて、この子たちを幸せにするために、この子たちが幸せの選択をできるようになるために、生きてる。
そして、世の中を自然な形にするために、お母さんになった。
それが私の幸せだから。

簡潔に言えば、そんな感じだと思う。

幸せとは、決して、人と比べ合うことではなくて。
人と同じことをすることではなくて。
お金を稼ぐことではなくて。
ラクをすることでもなくて。

否定したらいけないし押し付けも良くない。
だから、みんな、勝手にやればいいと思ってる。
カスいボロい人間が子孫繁栄して、その一味が長生きしても、世界は困るから。ヤク漬けにされてさっさと死ぬか、寝たきりになっても仕方ないことだろう。

気付いてない、解らない、人のために私はこういうことを文字にしてインターネット発信しているんだと思う。

ちなみに、私はラーメンが大っ好きだし、添加物も好き。
そんな自分を肯定はしてない。当たり前だとも思ってない。
偉いことを言ってる私も、完全体ではない。
自分が思う完全体に向けて生きる道を模索してる途中の26歳。生きること(しあわせ)にハングリーであり続けたいし、きっと、完全体になることなく死んでいくんだと思う。