読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるく自然な子育て法

妊娠 出産 育児を通して発見したこと 感じたこと 日常を思いのままに綴るページ

自己診断だけどアトピー発症

私のパニックによる行動で、娘の乳児性湿疹が悪化。


オイルを塗ってふやかしてお風呂で優しく擦ると皮膚が綺麗になるとの迷信を実践してしまい…

普通に考えれば、そんなこと絶対したらいけないのに。

自然に逆らって、娘を信じることもできずに、自分のやり方が正しいのかどうなのかも分からなくなり、パニックに陥った結果そんな荒技に出てしまったのでした。


広範囲ジュクジュク。

アトピーを疑うも、経過観察し続けて、今日、四肢に白いカサカサを発見。

アトピーだと確信。

医者もアトピーと乳児性湿疹の見分けがつかないというから、月数経たないと断定はできないけれど。


その原因は、胎便を出さないまま、粉ミルクを与えてしまったことだと、よんでます。

長女との違いは、それだけだったから。

長女は黒い便を一時間に一度くらいのペースで出し続けていたけど、次女は出す前に入れてしまったせいで黒い便が殆ど出なかった。

それが良くないことだと知っていたのに、私は、医師がミルクを与えたことに対してキツく怒ることもしなかったし、されるがままにしてしまったのだ。

それは私の責任以外の何でもない。


どうして、もっと自分を信じてあげられなかったんだろう

後悔しかない。


気にすれば気にするほど、清潔を保とうという気になって拭いてしまったり。洗ったり。

それは、すべて余計なこと。やってはいけないこと。解っているのに負の連鎖に陥る。


自分のやり方を信じることができなくなってしまって、余計なことをすればするほど悪くなる。

藁にもすがる思いになる。


自然と娘と自分を信じる、ただそれだけのことがとっても難しいってことを初めて実感したのでした。


私はこれまで、そのように信じてあげられない人たちに対して、批判的な言葉を使ってしまっていたなと。心から反省しました。


普通の考えができないくらい心配になって考え込んで、どうにかしたい、そう思う気持ちが悪いなんてこと、絶対無いもん。

ごめんねごめんねって、次女に謝ってたら、そうやって言ってくれたんだ。


ハゲるくらい夢に出るくらい考え込んでしまって、そんな中でも、我が子の治癒力を信用してあげられる人が強すぎるし、勇者なんだと思った。


やっと気付いたから、勇者になるよ私は。

気付いても、また折れそうになって、安心したくて、一時的に抑えられる薬などにすがりたくなる気持ちは、また出てくると思う。


信じ続ける、ただそれだけ。

ピンチの時こそシンプルに考えることが大切なのは、人生を通して学んだこと!


自らおかしてしまった、責任の重さに潰されそうになるけど。

絶対に信じ続ける。

同じ失敗は繰り返さない。

私は、この子たちのために産まれてきたので、全身全霊をかけて完治させます100パーセント。


アトピーやアレルギーに薬は必要ないってこと、実証するよ。

そうやって頑張ってる人たちたくさんいるし。本当に素晴らしいと思う。

いろんな気持ちを乗り越えて、子どもを信じ続けるお母さんたちは、母の鏡です。


まだ始まったばかり。

母としての試練を乗り越えるべき時がやってきました。