読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使のままに

出産 育児 アトピー 食事 非ステ

何もしない、を選択したワケ。

アトピーを治すには、なにが効果的なのか。


ステロイド漢方、ヘンプシードオイル


どれも抗炎症効果効能があることには間違いないんです。


抗炎症って聞くと、一般的な方には、治ることを連想してしまいがちなようですが、これは、まったく違うんです。


抗炎症=出さなきゃならない炎症が抑えられる

であって、炎症が消えるわけではないんです。

抑えられた炎症の行き先は、どこだと思いますか?


怖い話、炎症を抑えれば、その毒がどこかに消えてしまうと信じてる人が後を絶ちません。

この辺を医師がしっかり説明すべきなのですが、それらを説明する医師は、ほぼほぼ居ません。なぜなら、彼らは営業マンであって、病を治してくれる神様では無いのです。当たり前の話です。



話は戻って、皮膚で排出されず抑えられた炎症は、腎臓などの他の器官へ行きます。

腎機能低下を起こします。

それが、副作用です。


副作用は、ごく少数の人が体験するもの

だと感じてる人が多いけれど、その認識も賢くはないです。


効果効能があるものには

必ず!!!!

副作用があるんです。

副作用が出るんです。


悪い菌だけ無くすなんてこと、できないんです。

そもそも実際は、良い菌も悪い菌も、菌を区別することなんて出来なくて、それぞれの役割があって菌は存在してるので。

炎症を起こす菌は、そこで排出する必要があるから存在しているわけで、これを悪いものと認識することは賢くないです。


それにやっと気付いたので、私は、なにもしないことを選択しました。


では、なんのために薬は存在しているか?


私が出した答えは、

「生命に関わるか否か」でした。


薬を使う人は、薬を使うことで治せるとか、正常に考えればあり得ない、間違った認識をしないことを大前提に、薬とうまく付き合っていくことが大切だと思います。


もう一度伝えます、

効果効能があるものには必ず副作用がある!


私はこういう選択したので、身体を強くすることに専念していきます。

食生活はもちろん、乾布摩擦、海に入れる、などなど。

いろいろと、遠回りをしたけれど、至る所に辿り着いた感じがします。

身体を強くする、何事も、その一点です!